むくみ解消

むくみを解消するのに有効な運動はこれ

むくみ解消

テレビなどの影響で認知されていて、手足のリンパ浮腫で悩む方が最近多いですが、
リンパ浮腫が進行すれば日常生活に支障をきたす以外に見た目もよくなくてファッションを楽しめない、
足が重くて引きこも遅がちになったりします。

 

むくみ症状の中でとても重症といえるリンパ浮腫を日常生活で改善するには、
方法があります。

 

私たちの体に血管とともにリンパ管が巡っていて、これは血管を補う働きがあって体内で余分な
水分を血管に戻す役目をしていて、血管が体の水道とすればリンパ管は下水道です。

 

これが悪くなれば、手、足に水分がたまった状況になって、むくみ症状が起き、
リンパの流れが悪くなれば手足がむくんだ状態でリンパ浮腫となります。

 

これになればリンパの流れが滞り、巷にあるリンパマッサージを受けてみるとかえって悪化する
場合があって、軽くさするようなリンパドレナージをクリニックで一度診察してもらって、
専門セラピストから指導を受けましょう。

 

これは筋肉の収縮のみ循環することができ、筋肉を強くするとリンパの循環がよくなって
むくみが収まります。そして、この運動方があり、これはリンパ浮腫の重症度によりますが、
あらかじめリンパ浮腫専門の医師の診察を受けてからにしましょう。

 

そして、むくみ解消に一番適してるのは水泳で、しっかり泳がなくても水中にいるだけで
水圧により筋肉が圧迫されて筋肉がつよくなり、水中ウオーキングできればそれだけでも十分。

 

さらに水泳で着れば体を横にできて水圧、筋力の回復でリンパの流れを促進する効果が
とても高まってきて、関節に負担がかからないこともだいじ。

 

ウォーキング

 

週1回でいいですからまずチャレンジを。そして運動にもいろいろありますが、
リンパ浮腫改善でウオーキングより自転車のほうが効果が高く、自転車をこぐとき、
体で最も大きいな太ももの筋肉を利用し、筋肉を鍛えるほどリンパの流れが改善します。

 

そして外に出てウオーキングが難しい、季節によって体に負担がかかったりするときもあり、
家で簡単に鍛えられるのはその場で足踏みをすること。肘を曲げ走るような腕をリズミカルにふって、
その場で足踏み。30〜50回など少しずつ足済み回数を上げていきいます。

 

これを1日1回でもしてみれば、リンパ浮腫のむくみ症状は少しずつ改善します。
最低1週間続けて下さい。これも必ずリンパ浮腫専用弾性ストッキングを着用しましょう。

 

普段の生活のなかでなるべくむくんだ手足を上に持ち上げ、物理的にリンパをからだの中心に戻しましょう。
液体が高いところから低いところに流れる性質を利用するのです。

 

リンパは血液と違い流れを作るポンプ機能がとても弱くて、筋肉の収縮で流れを作るのが大事です。
そしてリンパ浮腫を少しでも悪化させないようにするには、日常動作の中でできることがあり、
電車では吊革につかまってなるべく腕を心臓より高い位置にあげたり、トイレのタオルは、
目線と同じぐらい少し高いところに欠けたり、テレビを見るときいすに腰掛けるより床に寝転んでみましょう。